LOG IN

yentaでビジネスを加速中!「育て方改革」を推進するStartup - yenta事例

by 完全審査制AIビジネスマッチングアプリ「yenta」の公式ブログ

ビジネスマッチングアプリyentaを通じて起こった「すごい出会いとできごと」を紹介する本企画。

今回はyentaを使った出会いから、経営コンサルティング会社との業務提携や新規顧客開拓を行い、ビジネスを加速中の株式会社Co-GrowthのCEO 佐々木文平さんに取材してきました。株式会社Co-Growthは、対話力育成のITインフラ「リフレクトル」を活用した人材育成・組織開発の新しい仕組み作りを体系的に提供するスタートアップ。佐々木さんの創業に対する思いや、yentaでビジネスを加速させた事例、そしてyentaを活用する秘訣とは?

【今回取材させて頂いた方のプロフィール】

佐々木文平 (Bunpei Sasaki)

筑波大学付属駒場高等学校卒。同校在学中に米国に一年間、交換留学生として滞在。 その後、2003年に東京大学経済学部経営学科を卒業し、大手経営コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務。 在籍期間中の半分は英語をベースにした国際プロジェクトに従事。退社後にマチオリ合同会社を設立。 2016年に人材育成をITを活用して支援する事業を基軸とするためCo-Growth社と改め、現在に至る。

  マッキンゼーから独立してCo-Growthを創業。なぜ創業したのか?

まずは佐々木さんの簡単な自己紹介をお願いします!

私は2003年にマッキンゼーに新卒で入社し、約3年半、戦略コンサルタントとして様々なプロジェクトに従事しておりました。

2006年に退職してから、すぐに起業しましたが、最初からリフレクトルのような対話力育成のITインフラを作ろうと考えていたわけではなく、もともとは地方の活性化がやりたくて起業をしました。

最初は人材育成領域ですらなかったんですね。

そうなんですよ。

でも創業当時もいまもco-growthの理念は変わっていません。

もともと「多様な個を磨き、発見と成長を創る」ということをやりたかったんです。それをロゴにも表現しているのですが、多様な個が混じり合うことで、それぞれが成長していく様子を表しています。

 Co-Growthさんのロゴデザイン

なるほど。

丸、三角、四角がそれぞれ異なる多様性を表していて、大きくなっていく様子がロゴに表現されていますね!

この理念を掲げるようになった原体験が気になります。

この理念の原点は高校時代のアメリカ留学です。

私は日本生まれ日本育ちでしたが、小さい頃からまわりに帰国子女の友達が結構いたり、ハリウッド映画の影響などもあって、アメリカに対する強い憧れを持っていました。

アメリカに行く前は、「日本語を忘れてアメリカ人になってくる」なんて言って旅立ちましたね(笑)

ただ、アメリカに行ってはっきりしたのは、国籍を変えようが、何をしようが、結局自分は日本人として見られることに変わりはない、ということです。自分が日本人として日本の文化などをしっかり話すことができると、相手はそれに興味を持ってくれたり、自分と話すことに価値を感じてくれるので、自分自身も誇りを持って過ごすことができます。

同じ色に染まるのではなくて、それぞれのアイデンティティーが交わるのが重要だな、というのが高校時代の原体験として強く残っています。

なので、アメリカに留学する前は日本に対する興味はほとんどなかったんですけど、アメリカに行ってからは日本に対する興味が非常に強くなりましたね。

めちゃめちゃ面白いですね!

その原体験から地方活性化に着目するようになったのは、どんな経緯ですか?

アメリカにいたときは世界の中の日本の固有性に気づいたのですが、日本国内に目を向けた時に、日本も金太郎飴ではなくて、それぞれの地域に多様性があることに気づきました。

私はその地方固有の多様性を煌めかせたい、また、人がそれに触れて刺激を受けるような機会を作っていきたい、と考えるようになったのが、「地方の活性化」に取り組みたいと思ったきっかけです。

オフィスの本棚には、地方活性化に関する本がたくさん並んでいた。

なるほどです。

実際に地方活性化に取り組んだと思うのですが、そこからいまの事業へ移った経緯も、非常に興味深いです。

地方活性化に取り組む中で感じたことがいくつかありました。

1つは、多様な魅力は、「努力」抜きには生き残れないということです。

「地方の魅力」と言った時に、「ありのままのであることが魅力」と考えられていることがあります。しかし、ありのままの魅力で居続けるためには、尋常じゃない努力が必要なんです。

逆に「ありのまま」を「何もしないこと」と考えてしまうと、魅力はどんどん削がれてしまい、新しいものにどんどん取って代わられてしまいます。昔からある地元の商店でも、近くの全国区のスーパーに負けずに繁盛しているところもある。そういうところは尋常じゃない努力や工夫をしています。

もう1つは、地方の活性化においても、努力しなければならない最後の単位は「企業」などの事業主体だということです。組織をまたいで皆で協力することは価値があります。その上で商品/サービスを磨き切るのは個々の事業者が努めることです。

2つとも当たり前のことかもしれませんが、自分がずっと取り組みたいと思っていた地方活性に関わる中で、肌で実感できました。

そして自分たちがサービスを築いて貢献できることを考えたのですが、「自分の言葉で発信する」力を磨くことに関わりたいと思うようになりました。

固有の魅力があっても伝わらなければ価値にならないと感じることが多かったこと、「伝わるように伝える」という出口があると自分たちのアイデンティティーが何かを深く考えはじめ、磨き始めること、が理由です。

元々は地方の活性化から入ったけど、地方に限らず企業単位でそれぞれの多様な魅力を発信する力を磨いて、刺激し合える世の中にできたら、面白い、そう考えていまの事業に繋がっているのですね。

まさにその通りです。

また、起業した後、地方活性化と並行して、始めは受動的にですが人材育成・組織開発の仕事にも関わるようになりました。

「起業したばかりであれば、お金も必要でしょう。あなたであれば出来るだろう仕事があるから手伝って」と。

そうして数々の案件に関わるなかで、とても本質的な仕事だし自分にも向いていると感じると同時に、人材育成・組織開発領域における課題も直視するようになり、Techにより解決できると考える様になりました。

そうして「対話力」x「人材育成・組織開発」x「Tech」の今の事業に至っています。

 人材育成領域の大きな課題とは?

人材育成の領域で、大きな課題ってなんでしょうか?

「人材育成」に取り組む際によくあるのは、施策は結局「研修」のみであることです。

プレゼンを上手くなりましょう、となったら、とりあえずプレゼンの研修をやる、という感じです。

研修を1日中行えば、ある程度のインプットはできると思いますが、プレゼンの上達には、そのあとに実践を積んで、それに対して上司からフィードバックをもらうというプロセスが重要です。しかし、研修以降のプロセスの仕組み化がされていないケースが多い。

確かに、仕組みとしては聞いたことないですね。

上司に恵まれている人なら、研修後に実践を見てもらって、それに対して具体的なフィードバックを受けて「なるほど、フィードバックの内容が研修で習ったことと一致しているな」と腹に落ちる。そして、行動が変わっていく。これが上手く回るパターンですね。

うまく回らないパターンは、上司は研修の内容を理解しておらず、研修の観点を意識しながら実践をする機会がない、実践してもフィードバックを受けられない状況に育成対象者が置かれることです。そうすると、研修で一度インプットした内容は身につかないまま忘れ去られてしまう。

これがあちこちでおこっているいまの人材育成領域の大きな課題ですが、ITによって仕組み化できるのではないかと考えて、リフレクトルを作ることにしました。

研修で学んだ内容がフィードバックなしにそのまま血肉化されることなく、流れてしまう、そこが課題なんですね。

リフレクトルはこれに対してどんなアプローチを取るのか気になります。

いまリフレクトルは主に営業力育成や教室でのファシリテーション力強化などの分野で活用していただいているのですが、アプローチの概要としては、下の図を見ていただくとわかりやすいかと思います。これは人ができるようになるまでのプロセスをモデル化したものです。

営業力育成を例に考えてみます。

まずは「定義(FORMULATE)」と「共有(INPUT)」の部分。

「あるべき商談の姿」、すなわち「何ができないといけないのか」を定義する。そして研修等で共有して理解に繋げていく。ここまでは従来の取り組みですね。

ここからさらに商談のロールプレイングなどで「実践(TRY)」し、それに対して具体的な「指摘(INDICATE)」を受けて、自らの言葉で「良い商談とはこれをおさえることだ!」と「気づく(NOTICE)」ようになって初めて、「できる」に到ります。

「定義」と「共有」までは全体集合で行えるので、研修として仕組み化するのが比較的簡単ですが、「実践」から「気づき」までは個別的になるので、場所もバラバラになりがちで、仕組み化が難しかった。

リフレクトルは「できるようになるべきこと」に沿ってロープレや実践の様子を撮影してその動画をクラウドに上げて、さらにスマホからどこでも簡単に具体的なフィードバックができるように工夫された対話力育成のITインフラです。

なるほど。

確かに各ステップが仕組み化できれば、営業マンとしての実力を着実に強化できるイメージが持てますよね。

いままでふわっとしていた研修以降の上達プロセスがモデル化されるのは間違いなく有意義で、そこが従来の営業力育成との大きな違いですね。

今後は事業としてはどのような展望で進めていくのですか?

Co-Growthのビジョンや方向性 

直近の3年間では、Co-Growthはリフレクトルやリフレクトルを活用した「Able Box」という効率的な育成やラーニングに必要な一式をまとめたパッケージの開発・展開に注力していきます。

3年後以降は新規事業の開発にも着手してみたいですね。

アトラエさんのようにGreenが成長して、yentaとwevoxが生まれるイメージです。あとは、人材育成領域で事業を展開する会社として、当然のことですが自分たち自身も人材育成や組織開発への理解を深めながら、知見を蓄えていき、人材育成を常にアップデートしていきたいです。

「働き方改革」が流行りましたが、私たちは「育て方改革」の推進をしていけたらいいですね。

「育て方改革」!

これも面白いキーワードですね。

最近で言うと、どんなものが「育て方改革」のケースとしてありますか?Co-Growthさんがリフレクトルを通して行なったことだとベストです。

リフレクトルの面白いケースで言うと、子育て中でフルタイムで働けない女性という眠っている育成リソースを活用できています。

子育て中で、かつて凄腕だった女性の営業マンって、部下の育成に関われると聞くと結構やりたがる人が多い。営業には直接いけないけど、育成って価値のあることなので、やりがいを持って取り組めることです。

なるほど。

そこの育成リソースはまさに金脈のようなものですね(笑)

クラウドだからこそ、リモートワークとして後輩の営業育成に集中できるということですね。

人材育成をちゃんとやろうとすると、育成する側のリソースが足りないケースが多いです。

マネージャーのリソースは貴重です。育成ができる人はプレーヤーをしても優秀なので、「自分で営業してしまった方が直近の売上には繋がりやすい」など、部下の育成と業績向上が時にトレードオフにもなります。

こういう事情で、なかなか部下の育成に多くの時間を割けない企業が意外と多いんですよね。最近だと「働き方改革」で業務時間を削減するトレンドもありますから、なおさらですね。

間違いないですね。

非常に面白い事例をありがとうございました。

そんなCo-Growthさんですが、最近、yentaでビジネスを絶賛加速中だと聞いているのですが・・・!

リブ・コンサルティングと業務提携契約を締結!きっかけはyentaだった・・・!

そうなんですよ!

yentaは本当に良いサービスですよね。

ビジネスを加速させた事例はいろいろありますが、リブ・コンサルティングさんとの業務提携は非常に大きかったですね。

素直に嬉しいです!

詳しく聞かせていただきたいのですが、どのような経緯で業務提携に繋がったのですか?

リブ・コンサルティングさんは営業力強化の支援に数多くの実績があったため、前から存じ上げておりました。

営業力育成にリフレクトルを武器として活かしていただけないかと考えていたところ、yentaにリブ・コンサルティングの方がいらっしゃったので、すかさず「興味ある」のスワイプをしたらマッチングしました(笑)

ユーザーさんの勤務先社数約14,000で、しかも1日10スワイプなのに、ものすごい運命的なマッチングですね!(笑)

本当ですよね(笑)

ちなみに、その方は退職予定とのことで、自分に会うよりもといって石井祐季さんというリブ・コンサルティングのディレクターの方を紹介してくださいました。

石井さんとお会いして、すぐに「良さそうなのでまず試してみる」との意思決定をしてくださったのですが、紹介してくださった方とyentaでマッチングしたのが10月、石井さんにお会いしたのが2017年の12月で、クライアント企業様にリフレクトルを提案しに同行させていただいたのが2018年の1月ですので、その間わずか3ヶ月ですね(笑)

スピード感半端ないですね!(笑)

すごい事例ですね・・・!

私が思うのは、yentaは進取の気性に富む方が非常に多いですよね。従来の習わしにこだわらず、積極的に新しいものを取り入れる姿勢が強い方が多くて、私自身も非常に勉強になる情報をいつも提供していただいております。

石井さんは、まさに進取の気性に富む方で、リフレクトルに非常に強い興味と理解を示してくださいました。

確かに、それはユーザーさんと日々お会いする中で私も確信できる部分ではあります。

業務提携経由でのリフレクトルの導入社数でどれくらいですか?

今現在で8社、どんどん加速しています!非常にありがたいお話ですよね。

まさにyentaで共存共栄できるビジネスパートナーと出会った事例ですね。これからがワクワクしますね。

そうですね。

これからも「人材を育て抜くサービス」をリブ・コンサルティングさんと一緒に多くのクライアント企業様に届けていけたらいいな、と思っております。

「人材育成は大事です」と言われることが多いですが、スローガンで終わってしまうことが多い。なので、人材育成の成果を、きちんと具体的な仕組みで届けたいですね。

業務提携以外にもyenta経由で2社の導入が決定!

リブ・コンサルティングさんとの業務提携以外にもビジネス加速事例はありますか?

あります。

人材紹介大手のJAC Recruitment様や人材紹介ベンチャーのリアルミー様がリフレクトルを導入してくださいました。

おー!どちらもよく知っている会社さんです。

JAC Recruitmentさんはどんな出会いでしたか?

人財開発責任者の三浦誠さんという方とお会いしたのですが、「新しい人材育成に興味がある」ということで、まずはカジュアルに情報交換をしました。

リフレクトルについても非常に興味津々にお話を聞いてくださって、「今度はチームメンバーを2人紹介したいので、3人で会ってください!」と言ってくださいました。

大企業にて新しい仕組みを採用するには一定のステップを踏む必要があることも多く、大変さはあると思います。それでも可能性を感じて頂いたあと、チームを組み、トライアルを実施してくださいました。そしてある期間に入社された方14名中12名が、リフレクトルの使用について、今後の入社者に『勧めたい』、残る2名も『どちらかといえば勧めたい』と答えてくださったアンケート結果を経て、使い続けてくださっています。

三浦さんも、まさに進取の気性に富むお方ですね!

リアルミーさんとはどのような出会いだったんですか?

リアルミー様は、社長の増山さんにyentaを通じてお会いすることができました。興味深い取り組みをしているベンチャーの経営者と繋がれることもyentaの魅力ですね。

人材育成に関する見識も深く、実際にお会いしてからも、リフレクトルに興味を持ってくださって、「トライアルをしたい」と言ってくださり、その後、導入に致りました。

本当にyentaでビジネスを加速中ですね!

佐々木さんは結構yentaをヘビーユーズしてくださっている印象ですが、yentaを継続的に使ってくださっている理由って何かありますか?

yentaでビジネスを加速中の佐々木さんのyenta活用術とは?

いくつかあります。

まず1つ絶対に外せないのが、先程も申しましたように、yentaには進取の気質に富む方が非常に多いので、ビジネスを加速できるチャンスがたくさんあるし、情報交換だけでも非常に有意義な出会いができることが多いからですね。

もう1つは、毎日10人のプロフィールがレコメンドされるのが丁度いい量で、しかもそれに対して「興味あり or 興味なし」のスワイプを行うだけなので、あまり気張らなくても受動的にできるからです。

アプローチしたい人を自分で能動的に探しに行くスタイルのサービスもたくさんあると思いますが、yentaの場合は送られてくるので、全然重くないですよね。

お昼になると通知が来て、そこから数分でスワイプが完了するので、生活の一部として受け入れ易い、というのは間違いなくあります。

ちなみになのですが、佐々木さんって、いままで何人くらいの方とyentaでお会いしたのですか?

実際にお会いしたのは26人ですね。

マッチングだけて言うと250人以上はいますが。

え、たった26人とお会いして、ここまでビジネスを加速中なんですか?(笑)

しかもyentaの無料版ですよね?ここまで効率的に良い出会いをしている方って珍しい気がしているのですが、佐々木さんってyentaのプロフィールで何か工夫されていることはあるんですか?

基本的にはより多くの人の関心を得られるようなプロフィールではなくて、私がやっている事業をきちんと書いて、そこに対して興味関心を持っていただける方とマッチングできるように意識しています。

例えばyentaユーザーさんの中に人材育成をやっていて、そこで何か課題を感じている方なら、「人材育成・組織開発の新しい仕組みづくり」という文言に興味を持ってくれて、「一度話を聞いてみたい!」ってなりますよね。

あとは、プロフィールにお会いしたい方の特徴を詳細に記入するようにしています。

なるほど。

「どんな人とマッチングしたいか」を明確にメッセージとしてプロフィールに書くことで、ある程度のミスマッチを防いでいるのですね。

そうすると、やはりスワイプもミスマッチを防ぐために、慎重に行なっているのでしょうか?

そうですね。

スワイプの時点で、「何の目的でこの人と出会いたいか?」を明確に言える状態で右スワイプしてます。

「なんとなく面白そう」という理由で右スワイプすることはなくて、事業提携できそうなのか、採用ターゲットになり得る人なのか、聞いてみたいトピックに詳しい方なのか、などの明確な理由から、「お互いに有意義なお話ができる可能性がある人か?」を考えて右スワイプしています。

なるほど。

「どんな目的で会いたいか」をマッチングしてから考える人も多いと思いますが、スワイプの時点でもそこまでの絞り込みをしてミスマッチを防いでいるから、26人しか会っていないのにそこまでビジネスを加速できているのですね。納得しました!

マッチングしてからも工夫してることはありますか?

マッチングしてからは、「こういう目的でお会いしたい」とか、「あなたのプロフィールを見て、こういうことに興味を持っているので、そのお話をお聞きしたい」など、スワイプ時に思っていたことを相手にしっかり伝えてから、お会いするようにしています。それでメッセージが返ってこなかったとしても、仕方がないですよね。

マッチングしてからのメッセージは、テンプレートなどもあると思いますが、テンプレートに似たメッセージはみんな知っていますよね。なので、テンプレートを送ったとしても私はあまりメッセージが返ってくるイメージがないですね。

本当に会いたい人に対してはきちんと文面を作って、自分の自己紹介も混ぜながら、メッセージを送るようにしています。

なるほどです。

シンプルですけど、非常に大事なことですよね。

yentaは、世界観的に目的ベースのマッチングの最適化はそこまで強く取り組んではいないですが、それでもやはりスワイプやプロフィールの文言、マッチングしてからのコミュニケーションなどを工夫することで、ある程度のミスマッチは防げると思います。

そうですよね。

毎日スワイプを10件行うのは、時間も掛からないし、お会いしたいと思える方がいなくてもプロフィールを読めば「こんなサービスがあるのか!」などの発見もあるので、無駄にはならないし、全く負担にならないです。

ただ、yentaで負担になることがあるとすると、なんとなく会ってしまって、お互い何のためのランチだったのかが微妙にわからないまま、1時間を過ごしてしまうことですよね。

もちろん、セレンディピティも起こり得ることは理解していますし、プロフィールだけではどんな人物なのか完全に掴むことは難しいので、とりあえず会ってみることの重要性や価値は理解しています!

yenta活用術を佐々木さん流に編み出しているのが非常に伝わってきました!そして結果として、ビジネスを加速させているのですね!yentaの世界観などにも理解を示してくださって非常に嬉しいです。

yenta開発チームとしては、マッチング後の世界がなかなか知る機会がないので、こういうお話をお聞きできると、「yenta開発の冥利に尽きる」という気持ちになります・・・!

本日は本当にありがとうございました!

Send a message to @yenta
OTHER SNAPS